沿革

会社の沿革

当社は設立者の先々代会長・野瀬宇三郎の祖先が今より270年前、滋賀県神崎郡永源寺町政所より八幡へ来り木材商を開業したのが始りで、江戸時代より野瀬彦七(商号畑彦材木店)として代々木材業を営んできましたが、4代目の時期に基盤を造り、6代目である宇三郎が大阪横掘の材木商で木材業を習得した後、大正6年に家業を継ぎ、商号を野瀬商店として木材問屋業一筋に昭和16年まで営業してきました。同年大東亜戦争が勃発、戦時体制下、木材統制法発令により県下の業者は全部滋賀県地方木材株式会社に統合されました。
昭和20年8月終戦となり翌年、滋賀県地方木材株式会社は解散、よって宇三郎は八興木材株式会社を昭和21年1月に設立し、同年4月より、木材問屋として営業を開始しました。
昭和59年に業界の拡大と合わせて住宅資材の多様化・変化に対応すべく、CI確立を実施して、社名を株式会社八興と改名して木材・住設建材問屋として、卸売りに徹し、滋賀県一円はもとより三重県、福井県のお客様も含め250社の木材住設建材ご販売店様とお取り引きをさせていただきながらきましたが、さらに、平成24年に大阪営業所、平成25年に京都営業所を開設し、京都・大阪・奈良のお客様にご愛顧いただけるようになってきました。

1746年

延享3年 創業

1932年

野瀬宇三郎商店 営業事務所、木材倉庫竣工

1932年(昭和7年)営業事務所外観/1932年(昭和7年)事務所内の様子

1946年

八興木材株式会社を設立

1960年

新建材部設置。松下電工・永大産業の滋賀県総代理店となる

1965年

六枚橋営業所開設

1974年

新本社社屋竣工

1984年

住宅資材の総合商社をめざして社名変更。株式会社八興となる

1985年

近畿住設特機株式会社を設立
(現・株式会社ヴィータ建築設計事務所)

1991年

有限会社京滋システムディオを設立

1992年

滋賀ナショナル建材株式会社を設立

1999年

株式会社聡和を設立
(現・八興住建株式会社)

2006年

株式会社大成建工を設立