ごあいさつ

八興が見つめるのは、ただ「人」だけです。
と私たちは繰り返し主張してきました。

それは、住生活を見つめることが「人」を見つめることであるだけでなく、
この企業スピリットがうまく機能するもしないも、
これまた「人」次第であることを意味しています。

住関連の日本のメーカーは実によくユーザーの心を知っています。それは着実に製品に反映されています。
しかしユーザーの生の顔は知らない。

一方、地域の販売代理店はユーザーの生の顔こそ良く知っていますが、ユーザーの本当の心は以外と知らないのが実態です。

私たちは、メーカーとユーザーの両方の心が理解できる良き「仲人」となって、人々の住生活の向上に寄与できることを願っています。
しかも「住」というものを、人と環境との調和という視点からとらえたトータルアドバイザーとして。

未来の住まいづくりに貢献する企業が願いです。

八興は"Hakko Wild Ducks"を目指しています。
これは、

「デンマークのある湖に、毎年野生の鴨が渡ってきていましたが、近くに住む古老が鴨に餌を与えるようになったため、鴨は自ら探し捕ることをせず、湖から飛び立つことをやめてしましました。しかし、古老が亡くなり、餌をもらえなくなった時、鴨は体がぶくぶくと太り、羽は力強さを失い、飛ぶことができず、雪解水に流されて死んでしまいました。」
<キェルケゴールの実存哲学より引用>

人も同じで、飼い慣らされた鴨になってはいけません。

飼い慣らされると、やる気、元気、感動など大切なものを失ってしまいます。
常に、自立心・自主性を備えた野生の鴨(自立した1個の人間)でなければなりません。
人生に悔いを残さないために、自分の生き方・志に誇りを持つことが大切だと思います。

八興の教育方針の特徴は、技術的な研修よりも自己確立を重んじる点にあります。
地元の若い人に就職してもらい、仕事を通じて人材育成を行う。
そして、自己実現を目指す誇り高き企業人を輩出することによって、地域社会の活性化に寄与できれば、

これこそが地元への社会貢献だと思っております。